1. 薄毛女性対策法
  2. 女性薄毛
  3. シャンプー
  4. ≫100%天然由来のオーガニックシャンプー【Herb Garden(ハーブガーデン)】

100%天然由来のオーガニックシャンプー【Herb Garden(ハーブガーデン)】

Pocket

ハーブガーデン

オーガニックシャンプーの中でもとても珍しい、100%天然由来のハーブガーデンシャンプー。ハーブガーデンシャンプーは、今注目のオーガニックシャンプーです。パラベンフリー、無添加といいながらパラベン以外の防腐剤を入れたアミノ酸シャンプーが殆どなのに、天然成分だけで作った企業努力に敬意を表したいですね。

肌に優しい天然成分100%で、こだわりポイントの1つは、阿蘇産無農薬ハーブを抽出したハーブウォーターを精製水に使用している事です。

このハーブウォーターを初め、いくつもの成分が頭皮の保湿や頭皮ケアをおこないます。人と地球に優しく、使用感や効果にこだわったシャンプーになっています。オーガニックに興味のある方、試してみてはいかがですか。

ハーブガーデン シャンプーの特徴

ハーブガーデンの泡でしっとりした洗い上がり

ハーブガーデン シャンプーで実際に洗って使用感をまとめてみました。

ナチュラルで控えめな良い香り
ツヤがでてきてサラサラ
少量でも泡立ちが良い
くし通りが良い
程よい泡立ち
一日中髪がしっとりさっぱり

ハーブガーデンシャンプーは、全成分が天然由来100%の画期的なシャンプーです。防腐剤も入れず、天然成分だけで腐敗を防いでいるのには驚かされます。
市販されている「自然派」「オーガニック」「天然成分配合」「無添加」のシャンプーには、たいてい合成界面活性剤や、トリートメント効果のシリコンが配合されています。

でもこのハーブガーデンという自然派シャンプーは、アロエベラ葉エキス、桜葉エキスなど、7種類の食物エキスを配合し、髪と地肌を清潔、健やかに保ちます。

ハーブガーデンシャンプーの特徴は、

自然由来成分99.9%
26種類の植物エキス配合
熊本県阿蘇産オーガニックハーブウォーター使用
石油系界面活性剤、合成香料、着色料、保存料(防腐剤)不使用
ノンシリコン

厳選された7種類のハーブと、今注目の成分であるフルボ酸、洗浄・保湿・スカルプケア等に特化した天然成分を豊富に配合しています。

更に髪の潤いに欠かせないヒアルロン酸ユズセラミドも配合したノンシリコン・オーガニックシャンプーです。

泡立ち・泡持ち・泡切れに優れ、洗い上がりもパサパサせず、保湿効果が持続します。
天然成分なので、流れた泡は自然に還ります。

ハーブガーデンシャンプーのメリット

ハーブガーデンシャンプーは、次のような人におススメします。

 天然成分、オーガニックシャンプーを使ってみたい人
 フケやかゆみに悩んでいる人
 乾燥肌・敏感肌の人
 ツヤ髪を重視する人
 心地よいハーブの香り
 髪のしっとり感を望む人

ハーブガーデンシャンプーのメリットは、体に優しい成分しか配合されていないという事です市販のシャンプーに含まれている、刺激の強い洗浄成分は使われていないので、頭皮のフケ・かゆみ・臭い・カサつき・ベタつき等や、経皮毒が気になる妊娠中の女性、子供さんでも安心して使えます。

本当に防腐剤を使っていないの?

パラペンやフェノキシエタノールといった化学合成された防腐剤は使っていません。もちろん何らかの防腐効果がないと、温かい浴室では腐敗してしまいます。
そこでハーブガーデンでは、次の4種類の植物から抽出した複合成分を配合して防腐効果を高めています。

この4種類は、安全性も非常に高く保湿効果のある植物エキスとしても作用します(^o^)

 サンショウ果実エキス、
 グレープフルーツ果実エキス、
 スイカズラ花エキス、
 プルサチラコレアナエキス

 

ハーブガーデンシャンプーのデメリット

ハーブガーデンは泡立ちが少し弱い

 石油系に比べれば泡立ちは弱い
 石油系に比べれば洗浄力の弱さ
 髪の毛が寝てしまう

ハーブガーデンシャンプーは、刺激が弱いアミノ酸系の洗浄成分なので、石油系に比べれば洗浄力が弱いです。それだからこそ、頭皮を保湿する皮脂が適度に残されるといえます。
刺激の強いラウリル硫酸、ラウレス硫酸などの石油系シャンプーに入っている硫酸系洗浄成分は、泡立ちがよくスッキリと洗えます。それに比べればハーブガーデンシャンプーの泡立ちや洗浄力には物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、さっぱり洗えることに問題があるのです。強すぎる洗浄力こそ問題なので、頭皮と髪を大切にするならデメリットではなくメリットとなります。

まずはお湯で汚れを落としてからシャンプーをする

ですから、ハーブガーデンシャンプーで髪を洗うときは、シャンプー前に1~2分を目安に、しっかりとお湯で汚れを洗い流しておきましょう。汚れの落ち方が全然違いますし、シャンプー時の刺激を抑えられ、頭皮や髪を傷める事もありません。

保湿力があるので、しっとりと仕上がる反面、髪の毛は寝てしまいがちになります。
乾かすときは丁寧に、髪の根元を中心にドライヤーをかけると、ふんわり仕上がります。

デメリットと書きましたが、石油系シャンプーのように、泡立ちの良い洗浄力の強いシャンプーは頭皮も髪も痛めてしまいます。だからアミノ酸系の天然成分100%の意味があるんです。

汚れをすっきりさっぱり落とせればそれだけで良いという方が石油系を使い続ければ、将来的には困ったことが起こるかも知れません。それまでは石油系のシャンプーを使われるかどうかはご本人の自由なんですが。

 

▼詳細は↓の公式サイトにて▼

ハーブガーデンを実際に使ってみました。

ハーブガーデンの泡立ち
きめの細かい泡ですね。泡立ちは良く、シャンプーの原液は柑橘系のような香り(ハーブ)がしますが、泡立ててシャンプーするとほんのわずかなに微香)香るぐらいなので、香りが苦手な人も大丈夫です。

洗い上がりは良い感じで、気持ちよく洗えるという感じです。

この記事のポイント
 ハーブガーデンは天然成分100%のオーガニックシャンプーなので流れた泡は自然に還ります。
 全く化学合成物が入っていないノンシリコン。
 7種のハーブから作ったハーブウォーターなど体に優しい成分しか使っていない。
 乾燥肌、敏感肌の人でも使えます。
 洗浄力が強くは無いが、それが皮脂を流し過ぎず乾燥肌にしないというメリットでもあります。

 

関連記事  頭皮の皮脂が過剰に分泌して困ってる時の原因と対策

シェアをお願いします。

Pocket