1. 薄毛女性対策法
  2. 女性薄毛
  3. シャンプー
  4. ≫頭皮湿疹には4種類あるが全てシャンプーの見直しが必要です

頭皮湿疹には4種類あるが全てシャンプーの見直しが必要です


頭皮の湿疹の原因にはシャンプーがある

頭皮湿疹の種類は4種類あります。

4種類の頭皮湿疹に共通する原因は、なんとシャンプーです。シャンプーは日頃何気なく浸かってる人も多いようですが、実は薄毛の原因になったりもするので注意しましょう。

頭皮湿疹は、頭皮に赤い湿疹ができ痒くなります。所謂、皮膚炎ですね。

頭皮湿疹の対処法は種類により違うので、間違った対処法をすると症状が悪化する場合もあり注意が必要です。

薄毛や抜け毛に悩む人にとっては、頭皮環境を健全に保つことがとても大切です。

頭皮湿疹の症状が出ている場合は、まずは頭皮湿疹を治して頭皮を健全にしましょう。

 

頭皮湿疹の種類と特徴

 

脂漏性皮膚炎

カサカサとしたフケが多く、頭皮だけでなく鼻の周り、額、耳などの皮脂の分泌が活発なところが、ベタついたり、赤くなったり、痒みを伴ったりします。

頭皮にかさぶたができたら脂漏性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎の原因は、簡単に言うと頭皮の皮脂が大量に分泌されてしまう事です。

・マラセチア菌の増殖
・ビタミンB1,B2不足
・ホルモンバランスの乱れ
・アルコール依存
・ストレス
・シャンプーやリンスの過度な洗浄力による皮脂の取り過ぎ

 

皮脂欠乏性皮膚炎(湿疹)

過度なシャンプー等で頭皮が乾燥すると、頭皮のバリア機能が低下します。

空気が乾燥する冬場などに、頭皮の乾燥をそのままにしておくと、シャンプー等の刺激によって湿疹・皮膚炎が発症して痒み、赤みが生じます。

この頭皮の乾燥による頭皮湿疹は、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方にも多く見られます。

皮脂欠乏性皮膚炎の原因を簡単に言うと、頭皮の皮脂が少なすぎる事です。

・シャンプーやリンスの過度な洗浄力による皮脂の取り過ぎ
・湿度の低下による乾燥
・強風等による肌の乾燥。
・皮脂を奪い去る物質への接触

 

 

アトピー性皮膚炎

アレルギー反応が原因で起こる皮膚炎で、眼のまわり、肘や膝の裏、耳などに湿疹が現れます。

頭皮の乾燥やバリア機能の低下によって湿疹が発症する場合が多く、原因を特定するのは困難です。

・遺伝
・ハウスダスト、チリ、ホコリ、雑菌、カビ等の生活環境
・青魚、そば、乳製品等によるアレルギー
・動物の毛
・シャンプーやリンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激
・汗、アカ、乾燥、汚れといった肌につく刺激
・洋服、紫外線等の外的刺激

 

 

接触性皮膚炎

皮膚に接触した物質の刺激、アレルギーによって生じる皮膚炎で2つの種類に分類されます。
刺激性接触皮膚炎の原因

・シャンプー、リンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激
・植物、虫などの毒が肌へ触れる事による外的刺激

アレルギー性皮膚炎の原因

・金属、植物、ゴム、洋服、紫外線による外的刺激
・動物の毛
・シャンプー、リンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激。

 

 

頭皮湿疹・皮膚炎の注意点

 

4種類の頭皮湿疹には、共通する原因があります。

気付いた方もいらっしゃるでしょうが、原因の中にシャンプー、リンス等の洗浄力による刺激が含まれています。

ですから、シャンプーやリンスを変えるだけで、徐々に頭皮の状態は改善すると思われます。

 フケやかゆみが気になっても、過度のシャンプーは症状を悪化させる可能性があります。
 洗髪は1日に1回。すすぎ残しがないよう、しっかりと洗い流しましょう。
 シャンプーやリンスを変えて、頭皮のバリア機能を健全な状態にしましょう。
 ヘアケアを見直しても症状が治らない場合は、早めに皮膚科を受診して下さい。

頭皮のバリア機能を健全な状態にするには?

 

頭皮のバリア機能が向上されると外的刺激から頭皮を守り易くなり、頭皮湿疹になり難く、頭皮湿疹の悪化も防いでくれます。

頭皮バリアを健全な状態に保つ為には、シャンプーとリンスを刺激の少ない物に変えましょう。

今使用しているシャンプーの裏側を見て、その成分表の中に以下の成分があるか確認して下さい。

ラウリル〇〇系 ・ラウレス〇〇系 ・〇〇硫酸〇〇系

この3つは多くの市販のシャンプーに使用されている洗浄成分ですが、石油由来の界面活性剤と言われていて、頭皮にとっては強い洗浄成分なので、皮脂を取り過ぎてしまうのです。

ではどんなシャンプーが良いのかという事になりますが、答えは、アミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは頭皮や髪の毛に良いのですが、その分コストがかかる為、アミノ酸系と記載されていても、肝心なアミノ酸系の洗浄成分が少ししか配合されていない物も存在します。

アミノ酸系の洗浄成分を濃密配合している育毛シャンプーや、雑菌の繁殖を抑制してくれる抗真菌剤入りのシャンプーを選びましょう。

シャンプーやリンスは毎日使います。シャンプー次第で、軽度の頭皮湿疹の症状は良くなります。

 

関連記事  アスタリフトシャンプーの使い心地を美髪トライアルキットで試してみましょう。

シェアをお願いします。