1. 薄毛女性対策法
  2. 女性薄毛
  3. 前髪
  4. ≫女性の前髪が薄毛になる原因と対策について

女性の前髪が薄毛になる原因と対策について


前髪が少ない

前髪が少ないと気付いた時が薄毛のサインです!女性の印象を決める前髪が薄毛になると大問題。 前髪が薄くなると、

 毎朝のセットが大変
 おでこが広く見える
 分け目が目立つ
 老けて見える

毎日鏡で見ていても、髪の量の変化には気付きにくいものです。前髪が少ないと気付いた時が薄毛のサイン。見落とさないで対策しましょう。

女性の前髪が薄毛になる原因

頭髪の量のピークは10~20代で、それを過ぎると髪のボリュームは減っていき、ホルモンバランスが乱れやすくなる30代を過ぎると、薄毛人口は増加し、脱毛症を発症する人も。

女性の前髪が薄毛になってしまうのは何故でしょうか?

前髪が薄毛になる主な原因は3つ

自分に当て嵌るかどうか確認してみましょう。

 FAGA
 牽引性脱毛症
 スタイリング剤の影響

FAGA(女性男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)の症状が女性にあらわれたものです。AGAと同様に休止期毛の割合が多くなり、抜け毛が増え脱毛症へと進みます。FAGAは全体的に髪の毛が薄くなっていきますが、まれに生え際に薄毛の症状があらわれる場合があります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症
出典:ロハス美容ブログ
ロングヘアの人が、ゴムなどで髪をまとめる時、引っ張りすぎる事によって前髪には負担がかかります。
この負担が過度で長期になると、前髪は薄毛になります。正に、女性ならではの脱毛症です。

スタイリング剤の影響

スタイリング剤で前髪が薄くなる
女性だけではありませんが、ヘアスタイルのセットにスタイリング剤は欠かせません。
前髪は特に崩れないようにワックスやスプレーをよく使いますが、スタイリング剤の使い過ぎは、頭皮に負担がかかります。
かぶれや吹き出物等で、ヘアサイクルが乱れると前髪の薄毛に繋がってしまいます。

前髪が薄毛の女性が取るべき対策

 栄養バランスを見直してみる

髪の主成分はたんぱく質のケラチン。ケラチンは体内で合成して作られます。
大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンを補う働きもあります。
これらを含めてバランスのいい食事を心がけましょう。

たんぱく質 :髪の毛の材料になる
鉄分    :酸素と栄養を髪に届ける
亜鉛    :髪の生成を助ける
銅     :髪や皮膚を健康に保つ
ビタミンB2 :皮膚や髪の毛の代謝に役立つ
パントテン酸:毛根に栄養を与える
ビオチン  :白髪・薄毛を予防する
ビタミンE   :血行を促進する

 過度なヘアケアは避ける

ケアは大事ですが、やり過ぎはNG。1度自分の習慣を見直してみましょう。

洗髪は夜、1日1回
朝シャンは止める
スタイリング剤は適量にする
ヘアアイロンを使い過ぎない

3 色んなヘアスタイルをする

頭皮をリラックスさせると自然に回復する場合もあります。髪をおろす、分け目を変えるだけでも違います。

4 育毛剤を使う

育毛剤や育毛サプリは、気になる部分の集中的な毛髪ケアに最適です。
頭皮の状態を安定させヘアサイクルの正常化の為には、最低でも半年程度使用を続け、様子を見ましょう。

関連記事  女性の薄毛治療

シェアをお願いします。