1. 薄毛女性対策法
  2. 女性薄毛
  3. 原因
  4. ≫ピルを飲むと薄毛になるリスクがありますか? 

ピルを飲むと薄毛になるリスクがありますか? 


ピルは薄毛の原因になることがある

ピルとは、経口避妊薬のことで、一日一回服用すると排卵を抑制し、避妊効果があります。ピルは、エストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬で、服用すると体のホルモンバランスが妊娠の状態に近づくため、排卵が抑制されます。

ピル服用の目的は、避妊と避妊以外の2つあります。避妊以外では、月経前困難症や子宮内膜症などの症状を緩和するために使われます。

そんなピルに薄毛のリスクがあるのを知っていますか?

ピルの副作用

日本でも、ピルを使用する女性が増えてきました。
低用量ピルが出回っていますが、いくら低用量と言ってもお薬であることに変わりはないので、当然副作用があります。

 頭痛
 吐き気
 不正性器出血
 薄毛
 血栓症

血栓症はめったに起こらない副作用なので、あまり知られていませんが、女性は妊娠すると血栓症のリスクが高くなります。

血栓症は、血管の内側に血液の流れを塞ぐ血液の栓ができることをいいます。血液が流れなくなると細胞は死滅するので大きな問題です。妊娠と比較して、低用量ピルによる血栓症リスクは半分から6分の1程度です。

ピルの副作用と薄毛

薄毛になる症状は、どのように現れるのでしょう

飲むと抜ける場合、飲むのを止めたら抜ける場合など、 症状の出方は人それぞれのようです。

ピルを飲んで薄毛になるケース

アンドロゲンという男性ホルモンは、髪を濃くしたり増やしたりする作用があります。
ピルには、アンドロゲンを抑える効果があり、そのため薄毛になる可能性があります。
更に、ピルはホルモン剤です。
女性ホルモンに影響を与えバランスを変えるので、薄毛になるという場合もあります

ピルを飲むのをやめて薄毛になるケース

ピルを飲むのを止めると、薄毛になるという場合もあります。
ピルに含まれている女性ホルモンのエストロゲンが 補給されなくなるからです。
エストロゲンは髪の成長を促す作用があります。ピルで補給されていたエストロゲンがストップすると、髪の成長が止まり、薄毛になってしまいます。

ピル服用期間中は増えて、偽薬期間に薄毛になるケース

ピルは1か月28錠で、その内1週間分7錠は 偽薬の休薬期間です。
ピルを飲んでいる期間は、 エストロゲンが補給され髪が増えたように感じますが、 偽薬の休薬期間に入ると、エストロゲンが補給されないので、 急に抜け毛が増えるという事になります。
このパターンを毎月繰り返す人もいます。
偽薬期間に入れば、一気に脱毛します。薄毛になるからとピルを1日おきに飲むとか、 飲み方を勝手に変えてしまう人がいます。体にどんな影響が出るかわからないので、 自己流の飲み方は絶対やめましょう。

ピルの効用

●月経

・月経痛の軽減
・経血減少による貧血の改善
・月経不順の改善
・子宮内膜症の予防と改善


 
ピルを服用すると、出血量が減少します。
また、月経周期も規則正しく28日周期になります。

●ホルモンバランス

・月経前症状の軽減
・にきびの改善
・多毛などの改善
・更年期症状の改善
・骨粗鬆症の予防

月経前症状が強い人は軽減されます。
男性ホルモンの作用が抑えられるので、ニキビ、多毛症の改善、更年期症状、骨粗鬆症の予防効果もあります。

●排卵を抑える

・卵巣がんの予防
・卵巣嚢腫の減少
・子宮外妊娠の減少

排卵による卵巣の損傷が減るので、卵巣がんや卵巣嚢腫などのリスクが下がります。

●長期服用

・乳房良性疾患の予防
・骨盤内感染症の予防
・子宮体がんの予防

ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護します。
子宮体がん、卵管炎や骨盤内感染症など、不妊の原因になる病気や不妊の予防につながります。

 

この記事のポイント
 ピルを飲むと薄毛になる場合があります。
 ピルを飲むとアンドロゲンという毛を濃くする男性ホルモンを抑えるので、薄毛になる場合があります。
 ピルをやめると、エストロゲンという女性ホルモンが減るので薄毛になることがあります。
 飲み始めたら濃くなり、止めると薄くなる場合もあります。

 

関連記事  後頭部の薄毛の原因には枕に擦れたりなど別の原因もあります。

シェアをお願いします。